勝どきカイロプラクティック中央区勝どきの整体院

HOME | 勝どきの腰痛改善には良好なバランスがとても重要

専門的ですがおもしろい考え方があります。1981年にノーベル生理学賞を受賞したロジャー・スペリー博士はとても興味深いことを述べました。


   つまり、身体のバランスが崩れている人は、 健康維持に必要となるエネルギーも、身体の バランスを整えることに消耗してしまう のです。 健康な人には意外と共通項が見つからないよう ですが、なんらかの症状をお持ちの人には ある共通な状態が存在するようです。それは、

よって、我々は大きく2つのパターンに分けられます。

残念ながら、これは自分では気づけないのです。 腰痛や膝の痛み等は「自分」に気づいて欲しい! というカラダからの警告です。ですから、 どこかに痛みが出てしまったら、その患部に 目を向けるのではなく、まず 「身体のバランスが崩れているのかな?」 身体全体に目を向ける必要があります。
 
 


 
関節は様々な動きを可能にしたり、また、動きを制限するだけの存在ではありません。関節には「固有受容器」というセンサーが存在しています。それらは振動等の刺激を電気信号に変えて位置情報を常に脳へ送っています。このセンサーのおかげで、カラダの筋肉はその時その時の姿勢に最も適した「筋肉の緊張」をコントロールしています。
 
ヒトが日常生活をおくる上で筋肉は一定の緊張を保つ必要があります。その理由の一つに筋肉には『急激に伸ばされると縮む』という性質があるからです。膝のお皿の下あたりをポンと叩くと膝が勝手に動きます。これは膝蓋腱反射といって自分の意識とは関係なく「急激に伸ばされた筋肉が縮む」という反射反応です。この性質を維持するために、筋肉は一定の緊張を保つ必要があるのです。
 
この「一定の緊張状態」が崩れたときにある症状が発生します。
みなさんがよくご存じの...
 
 
ギックリ腰を経験された方なら、おわかりだと思いますが、一連の動作の中ではギックリ腰はあまり生じません。一つの動作が終わり、次の動作にうつるときに生じます。「何か思い当たる原因はありますか?」と尋ねると、
 
棚の荷物を取ろうとした時
しゃがんだ状態から立ち上がろうとした時
不意に孫が背中から抱きついてきた
落ちたペンをひろう時 ...etc
 
ある動作の開始時であることが圧倒的に多いと思います。また、局所的に筋緊張を維持できない部位が発生すると、他の部位に負担がかかってしまいます。長期的にその負担が慢性化すると、肩コリ、腰痛、膝痛などの症状に発展してしまう可能性が大きくなります。

「関節をケアする」ということは、そのまわりの筋肉をケアしてあげることにもなるのです。

 
 
初めての来院

質問&回答

予約の申し込み

バランスについて

アクティベータ

 


筋膜リリース

産後の骨盤矯正
 

腰痛の治し方

膝の痛みの治し方