HOME | グラストン筋膜リリース

癒着が生じた軟部組織(筋膜など)をリリースする施術です。
 
このテクニックは身体各部の異なる組織・形状・弯曲に沿うようにデザインされたステンレス・スチール製の器具を用います。


この器具を使用することにより、軟部組織の機能障害を特定的に感知し矯正します。
我々のカラダは筋肉だけでなく、骨、腱、靭帯、内臓器官、血管、神経などのあらゆる構成要素も「膜」で包まれてています。

「膜」は上記の構成要素をそれぞれの適正な場所に位置するように支えている組織です。「膜」の主成分はコラーゲン繊維と弾性繊維が合わさったものでできており、伸縮性に富んでいます。

「筋膜」を例にすると、姿勢の乱れなどからくる緊張や血行不良、もしくは筋肉の使いすぎによるストレスなどによって短くなったり硬くなったり、癒着を起こしたりします。

筋膜の癒着が起こると可動域の制限が生じ、多くの場合、痛み・筋力低下・機能制限をもたらします。さらに筋膜はあたかもクモの巣のような構造で体中に張り巡らされているため、癒着・変形した筋膜はその部位だけにとどまらず身体全体の構造にも影響を与えることがあります。

たとえば筋膜の癒着が腰部に起こった場合、それによって首の動きが制限され、二次的に首に障害を起こすこともあるというわけです。
手の触診のみで筋膜の癒着を探し、その治療を行うことは限界があります。専用インストゥメントを利用することによって、より正確に癒着部位を検出し、効率的に治療することができます。癒着した膜構造を「はがす」ための施術ですので、治療中にはある程度の痛みを伴う場合が多いのですが、多くのクライアントさんが治療後の身体の軽さに驚かれています。

海外ではその有効性は広く認められており、カイロプラクターだけにとどまらず、アスレチックトレーナーや理学療法士、作業療法士の世界でも広く使われています。現在ではMLB、NBA、NHLといったプロスポーツや大学スポーツの現場においても利用されています。


全身の筋肉は「膜」で包まれています。この膜は「筋膜」と呼ばれます。
筋膜は日常のカラダの使い方によって、隣接する筋肉、靭帯、関節包、内臓等を覆っている「膜」に付着してしまうことがあります。
この状態を「筋膜癒着=Fuzz(ファズ)」と表現します。

 


左図の白い蜘蛛の糸の
ようなものが膜と膜とを
接合しようする癒着線維です。

これは私達が夜寝ている間や長時間の同じ姿勢でいる時に作られる傾向があります。
長時間の座位での仕事の後や、朝起きてから、後ろに身体を反って腕を腕を上げるような無意識に行うストレッチは、脇の下から肩にかけての筋膜癒着を取り除いてスムーズにスライドするように脳が指令を出していると考えられます。

長時間の座位の後に脚を伸ばしたり、腰を伸ばしたりしたくなるのも同様の理由です。
もし肩や膝等を怪我して痛みのため身体(筋肉)を伸ばすこと(ストレッチ)、動かすことができなくなると、夜寝ている間などにできてしまった筋膜癒着が解消できず、次の日もまた痛いからといって動かさずにいると癒着の程度が増強され、さらに癒着が重なっていきます。

このような悪循環をたどってしまいます。
年齢を重ねると少しずつ体が固くなるのは、積み重なった筋膜の癒着が原因かもしれません。
長期間に渡る「筋膜癒着」の蓄積は自然治癒力をもってしても解消できません。皮膚にできたかさぶたのように自然には治ってくれないのです。
あなたを慢性的に悩ます症状も筋膜の癒着が原因かもしれません。
 

 
初めての来院

質問&回答

予約の申し込み

バランスについて

アクティベータ

 


筋膜リリース

産後の骨盤矯正
 

腰痛の治し方

膝の痛みの治し方